株式会社三陽機械製作所は、大田区の製造業として、マシニングセンタ・NC旋盤・両面ラップ・汎用旋盤・組立てを得意としております。

株式会社三陽機械製作所

日本語

|

English

会社概要

社名 株式会社 三陽機械製作所
創業 昭和23年
設立 昭和28年3月
資本金 1,000万円
代表取締役 黒坂 浩太郎
本社・本社工場 〒146-0083 東京都大田区千鳥2-37-17
第1工場 〒146-0083 東京都大田区千鳥2-37-21
横浜工場(関連会社) 〒224-0053 横浜市都筑区池辺町3460
取引銀行 みずほ銀行蒲田支店
さわやか信用金庫 蒲田支店
取引先 日立グループ各社
東洋炭素株式会社
クロダニューマティクス株式会社 他
事業沿革
昭和23年   初代社長 黒坂 清が大田区にて町工場を始める
昭和28年 3月 株式会社三陽機械製作所として大田区千鳥にて創業/設立
昭和30年   株式会社日立製作所様の協力会社となる
昭和39年 3月 増資により資本金100万円となる
昭和44年 11月 新工場3階建て新築(現在の本社工場)
昭和47年 12月 増資により資本金300万円になる
昭和49年 6月 増資により資本金700万円になる
昭和54年 1月 初代社長が会長に就任し、専務(長男)が社長に就任する
平成7年 3月 資本金1,000万円となる
平成17年 3月 第二工場を解体し、4月より本社工場新築工事開始
  12月 本社工場完成
平成18年 11月 東洋炭素株式会社様と取引開始
平成19年 7月 ISO14001認証取得
平成20年 12月 ISO9001認証取得
平成21年 1月 長男 黒坂 浩太郎が三代目代表取締役に就任する
平成23年 2月 黒坂 英二(次男)が専務取締役に就任する
  3月 黒田精工株式会社様と取引開始
  11月 大田区「優工場」認定
平成24年 5月 株式会社日立産機システム 多賀事業所様と取引開始
平成26年 10月 株式会社日立産機システム 習志野事業所様と取引開始
平成28年 9月 JISQ9100認証取得
平成28年 11月 大田区「優工場」認定 ・「総合部門賞」受賞
        

経営理念

私たちは「モノづくり企業」のプロ集団として、
「創意工夫」の精神でより良い製品をお客様に提供し、
信頼される企業をめざします


環境方針

当社は次のように環境方針を定め、社内外に表明し、継続的改善を推進する。

[1] 基本理念

当社は「地球環境に配慮した物造りの企業を目指す」をスローガンとして、全従業員の創意による環境保全に取組み「かけがえのない地球環境」を健全な姿で未来に引き継ぐことを、本責務とする認識で行動します。

[2] 基本方針

日本の加工技術が集約された大田区の製造業として、地域社会の企業人となり、環境保全に取組み、企業活動において、環境側面を常に意識し、汚染の予防に努め、技術的、経済的に可能な範囲で、以下の活動につき具体的な環境目的・目標を定め、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。

  1. 環境側面に対して適用可能な法的要求事項及び、その他当社が同意するその他の要求事項を特定して順守し、必要に応じて、自主基準を定め、地球環境の汚染予防に努めます。
  2. 地球温暖化防止を目的として、電気エネルギーを削減します。
  3. 不良低減による、省資源、省エネ、廃棄物削減を推進します。
  4. 環境調査を実施し、当システムの維持向上に努める。
  5. 従業員への教育を重視して実施し、力量向上による業務効率向上を推進します。
    又、当初目的・目標としていて、改善達成した騒音対策、グリーン購入、地域清掃のボランティア活動等は、目的達成したので、今後は環境保全活動を重視して、運用管理を推進します。
「この環境方針は社外に公開する」
株式会社 三陽機械製作所
平成22年1月20日(初版平成19年3月15日)
代表取締役 黒坂 浩太郎

株式会社三陽機械製作所
〒146-0083 東京都大田区千鳥2-37-17 TEL:03-3758-0560 FAX:03-3758-0580

Copyright © 株式会社三陽機械製作所 all rights reserved.